学びと気づきの3日間

11/2〜4の三連休はアメリカ人セラピストのトリシア・カエタノさんのセミナーを受講してきました。

セミナーのテーマは、

医療従事者・セラピストのための退行療法.
〜痛み・病気・死の問題を解決する〜

情報がたっぷり、症例もたっぷり、ワークもたっぷり。

実は今回、セミナーのテーマを見て、「私の偏頭痛がよくなるかも!」と淡い期待を抱いていて、デモンストレーションがある時には、真っ先に手をあげようと心に決めていたのです。

だって、世界的なセラピストの方にセラピーをしてもらえるなんて、滅多にない機会ですから。

そして、ありがたいことに、デモンストレーションのモデルになることができ、おかげで、偏頭痛がすっきり!

すごいなぁ。おもしろい。

何よりも、今年に入ってから、考えたり、悩んだり、知りたかったりしたことの全てに対して、気づきがありました。

ほんとすごい👏

たくさん癒されました。

催眠療法ってなんて楽しくてパワフルなんだろう‼︎

セラピストとしての学びはもちろん、母親としての学びもたくさんで、身につまされる思いがしました。

子どもの心と体が健やかに成長していけるような親・家庭でありたい。

改めてそう思いました。

子どもが増え、それぞれの子どもが成長し、新たなステージになるたびに心の余裕がなくなり、『いつでも噴火注意!』みたいになっていましたが、軌道修正。

トリシアさんのお人柄、セラピストとしての在り方、これまで積んでこられた経験、セミナーの内容、本当に素晴らしかったです☺️

受講することができてよかった。

今回学んだこと、生かしていけるように精進します😌

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる