胎児期退行での体験

胎児期退行のワークをした時の体験を、以前インスタグラムに投稿しました。



胎児期退行では、お母さんのお腹の中にいるときから生まれ出てくるまで、だけでなく、今世の家族を選んだ理由も感じることができます。

なぜ、そのお母さんを選ぶのか。
なぜ、その家族を選ぶのか。
なぜ、今回生まれてくるのか。


私自身、自分が生まれてきた意味や、今の家族を選んだ理由には、すごく興味があったし、知りたいと思っていました。


そして私は、胎児期退行のワークをした時と、昨年11月のトリシアさんの講座を受けた時に、その場面へと行きました。


2回のワークのどちらとも、感じたイメージはほぼ同じでした。



姿形は感じないけれど、雲の上のようなところにいる自分。
50〜100mほど下にある、自分が生まれ育った家を見下ろしている。
お母さんたちの姿は見えないけど、「あの人たちはここにいる」という気配を感じている。

この家、この家族を選んだ理由はなんだろう。
と感じてみると、「おばあちゃん」のイメージが浮かんでくる。
そして、「私の魂を守ってくれる人。ガーディアン。」という言葉が浮かんでくる。

そこで、「いやいやいや(笑)ガーディアンって何なん!(笑)」と端っこの方に身を潜めている顕在意識さんがツッコミを入れる。笑

でも、「ガーディアン」という言葉だけがほわーっと脳裏に浮かんで消えないので、「ああ、なるほどな。ガーディアンなんだな。そうだそうだ。この人は私の魂を守ってくれる人だ。」と納得する自分。

そして、お母さんはどうだろうと意識を向けてみると、「愛情のかけ方を学び合う人」と浮かんでくる。
「そうだそうだ。前世療法でも見たな。」と納得。


このイメージが本当かどうかというのは、今の私には分からないこと。
でも、確かに納得している自分。

「ガーディアン」という表現は小っ恥ずかしかったけど、その言葉しか浮かんでこないんだから、しょうがない。笑


この人生、この家族の元に生まれてきた理由、目的。自分の使命…

知らなくてもいいことかもしれない。

でももし、「知りたい」と感じるようであれば、催眠療法(ヒプノセラピー)がそれを知る手段の一つになるかもしれません。



ご予約・お問い合わせはこちらまで。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる