前世を夢で見る

「前世のようなものを夢で見たことがあるんです。」

と、おっしゃる方が結構いらっしゃいます。

「夢で見た前世のようなものの続きを見たいんです。」
「もっと詳しく見てみたいんです。」
「あれが本当に前世なのか、気になるんです。」

今のところ、そうおっしゃってくださった皆さん、その前世をみることができています。

あるのか、ないのかは、まだ分からない、前世という世界。

私自身は、「あるんだろうな。」と思っていますが、
信じていなくても、きっとそのイメージを感じることはできると思います。

あってもなくてもいい。
信じていても信じてなくてもいい。

ところで、私自身も、前世に関係するような夢を見たことがあります。

ヒプノセラピー(催眠療法)を学び始めたばかりの頃。
なんだか印象的で、覚めた後も余韻が残っていた夢。

どこかのお寺の敷地に住んでいる、自分と家族。
結構前に廃寺になってしまったらしい。
部屋の中には、30〜50㎝ほどの高さの仏像が、四方の壁沿いに並んでいる。
窓の外を見ると、背の高い木々に囲まれていて、しっとりと穏やかな空気が流れている。
「廃寺になってしまって、これからどうして欲しい?」と、壁際に並んだ仏像につぶやく。
すると、「おまつりして欲しい。」と、一体の仏像が答える。
「はぁ。おまつりかぁ。。。」(お祭り・お祀りのどちらかは分からない。)
窓の外にもう一度目をやると、3人の女性が石段の階段を登り、こっちに上がってきている。
「だれかがお参りに来ちゃったよ。」と思う私。

すっごく印象的だったので、一緒に催眠療法の講座を受けていた方達にシェアしようと思い、夢で見た風景のような画像が出てくるかなぁと検索してみると。

すぐ出てきた(笑)
「うわ!これやん💦」って。

その風景が一発で出てきたことにも驚いたけれど、その画像を見ていると、フーッとその中に吸い込まれるような感覚が起こってくることにも驚く。

「何なんだろう。この感覚。この場所。」と、ちょっとワクワクしてテンションが変になる。

そして、そのお寺のことを調べたら、その場所も廃寺になったことがあり、3人の尼さんがそこに住んでいたそうで。そういう共通点のようなものが他にも出てきました。

もう、驚き。

後日、その場所を実際に訪れてみました。その敷地内に入る時、足元から全身がぞわぞわぞわ〜っとしました。

その後、ヒプノセラピーの練習中に、その場所へ飛んでしまいそうになることもしばしば。

でも。きっと、これが前世だったとしたら、心の準備をして、しかるべきタイミングでしっかりと取り組まないといけない。そんな感覚があり、その前世らしきものには今だにきちんとアプローチできていません。
今の自分にとって、とても意味のあるものだという感じはするので、きっとそのうち向き合うことになるんだろうなと思っています。

心の準備をして。

2020年9月のご予約はこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる